物欲の赴くままに欲しがって購入して使ってレビューの、自由気ままな欲望全開ブログ

【ホームシアター】そろそろマルチチャンネル化を考えてみる【超進化(予定)】

投稿日2013年2月15日

 昨年 9 月に導入して以来、アニメに映画にゲームに音楽鑑賞と、トラブルもあったけれど色々試しつつ楽しんできた我がホームシアター環境。
 年末のゴタゴタ以降は別段不満らしい不満はないが、使い込んでいけば行くほど欲も出てくるというもの……ということで、そろそろ現状のフロント 2.0ch からのグレードアップ、すなわちスピーカー増設によるマルチチャンネル化を図ろうかと画策してみることに。

 現状考えているのは、次のいずれか。

  • センタースピーカーを導入しての 3.0ch 環境化
  • リア(サラウンド)スピーカーを導入しての 4.0ch 環境化

 サブウーファー導入による 2.1ch 化もひとつの選択肢だが、現時点でも低音については不満のないレベルではあるので、基本的に除外。階下の母親からの苦情も結構あるし(笑)

マルチチャンネル化に向けて、構成と予算を考える

 マルチチャンネル化にあたりまず考えるのはスピーカーのメーカーや種類の選択。フロントのトールボーイが Monitoraudio のため同じ Monitoraudio のスピーカーを考えていくのが基本的な考え方になるはずなので、そこから 3.0ch 化あるいは 4.0ch 化のために必要なスピーカーを見てみると、

    【3.0ch化の場合の選択スピーカー】
  • Monitoraudio SilverRX center
    【4.0ch化の場合の選択スピーカー】
  • Monitoraudio SilverRX1
  • Monitoraudio SilverRX2
  • Monitoraudio SilverRX-FX

 以上が、現在フロントで使用している Silver RX8 と同シリーズ内よりピックアップできる。

 3.0ch 化についてはセンタースピーカーの Silver RX center 一択なので、特に悩むことも問題になることもほぼない。設置場所に関しても、すでに確保しているのですぐにでも導入できる状態。
 しかし 4.0ch 化の場合、複数のスピーカーが選択肢に浮上してくる上に設置場所に関しても問題が出てくるというややこしいことに。

 まず 4.0ch 化に必要なリア(サラウンド)スピーカーに関して、一応メーカーは RX-FX をその立ち位置としているようだが、個人的にこのデザインはあまり好きにはなれないし、実物はこれまでどの店舗でも見たことがなく、試聴もできていないのでその実力は未知数。
 対して RX1 と RX2 は実物を確認して試聴もしているので、現在のところリアスピーカーとして選択するならこのどちらかが有力となっている。

 ……が、RX1 と RX2、そのどちらも結構デカい。RX1 で W185×H312×D240/6.0kg、RX2 ともなるとW230×H375×D300/9.5kg と、どちらも基本的にフロントでの 2.0ch 使用前提のスピーカーのためサラウンド用途で使用するには結構な存在感及び重量があり、そうなると今度は設置場所でかなり悩むことになるのが最大の難点に。

サラウンド用途として最も適切なスピーカーの最適解は

 ホームシアター関連の情報を調べてみると、サラウンド用途のスピーカーに求められるのは、

  • フロントほど大きく高性能でなくてもいい、中~高音域再生に優れたもの
  • 周波数域が広く、指向性が穏やかなもの(=あまり大型は向かない)
  • 効果音などの再生が主のため、極端な差さえなければ別メーカーでも特に問題ない

 などとのこと。もし別メーカーが視野に入るようなら選択肢は大きく広がることになる。またサラウンドスピーカーの設置に関しては、

  • できる限り同一平面上の高さ(耳の高さ)に全スピーカーを揃える
  • 天吊りや壁掛けは音の反射などの問題から極力行わない

 というのもあったが、ここら辺はメーカーや設置する環境、または実際に視聴する個々人で大きく変わってくるようで、全く逆の

  • リアはフロントよりも高めに設置する方が音の広がりがある

 などの意見も結構あった。もうここら辺は完全に個人による嗜好の差かもしれない。実際に天吊りや壁掛け用のスピーカーもたくさんあるわけだし……。

 現在考えているサラウンドスピーカー導入時における設置方法としては、

  • 天吊り
  • 壁掛け
  • ラックに直置き

 の 3 択で、8 畳の室内にあれやこれやと物を詰め込んでいる関係上実際に設置できる箇所自体限られてくるが、その少ない選択肢内である程度適切な設置場所を取ることができそうなのが不幸中の幸い。
 ただ天吊りや壁掛けの場合、当初の選択肢であった RX1 や RX2 または RX-FX もかなり大型かつその重量のため設置が難しく、そもそも RX1 と RX2 は天吊りや壁掛けには一切対応していない(もうひとつのグレードの Bronze BX1 は壁掛けには対応しているようだが)。

 こうなってくるとやはり他メーカーのスピーカーも視野に入れた方がいいかと思い色々調べてみると、LINN の「CLASSIC UNIK」などがサラウンド用途に向いているなどの情報もあったが、個人的にはやはり同じ Monitoraudio ブランドで揃えたい……などという思いもあったりする。

 ここまで悩むなら 4.0ch サラウンド化は後回しにして、今回はセンタースピーカーを導入して 3.0ch 化でもいいとは思うが、セリフ再生に特に不満がない現状、より大きな満足を得ようと思うならやはり 4.0ch の方がいいかも……とは思ったりしているので、現在マルチチャンネル化は難航中。

 ホームシアター環境を揃えた際に付いた 2 万円分のポイント還元もあるため、金銭的にも負担を少なくできる今の内、できれば夏までにはぜひマルチチャンネル化したいところだが……

Sponsored Link
ブログランキング・にほんブログ村へ
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です