物欲の赴くままに欲しがって購入して使ってレビューの、自由気ままな欲望全開ブログ

バイオハザードRE:3体験版をがっつりプレイしてみた

投稿日2020年3月20日

 3月19日に配信された、4月3日発売予定の「バイオハザードRE:3」体験版。かの名作「バイオハザード3 LAST ESCAPE」のフルリメイクということで、初代バイオからひたすらやり込んできた身としては無視できるはずもない 待望のバイオハザードシリーズ新作。

 ここ最近試験勉強やら自宅の玄関崩壊やら何やらが連発して、しばし社畜のみから離れて自由気ままで悠々自適なフリーダムニート生活の割にはストレスマッハで死にそうだったので、ストレス解消がてら久々にがっつりとプレイしまくって心ゆくまで楽しんでみようかと。

 ちなみにこのバイオRE:3体験版、バイオRE:2体験版であった「1-Shot Demo」とは異なり、気の済むまで何度でもプレイし尽くせる素敵仕様。

 さぁラクーンシティよ、私は三度帰ってきた……っ!

 ちなみにここからはネタバレありのプレイ報告なので、未プレイの方はご注意を。

バイオRE:3体験版内容は「地下鉄にてU.B.C.S.の面々と合流~変電所直前まで」

 原作となる「バイオ3 LAST ESCAPE」をプレイしたことある人なら「ああ、あのイベントね」と分かる、地下鉄でU.B.C.S.の面々と初対面してから、消火栓を使って火災を鎮火して変電所への道を拓く、あの辺りが今回の体験版の内容となっている。最も内容は大分端折られてるが。

「RE:3」発表時から随分と物議を醸し出した、見た目も性格も様変わりしたカルロス君。こっちの方が傭兵っぽくて個人的には好きだけどね。

 U.B.C.S.デルタ小隊隊長のミハエル。原作では怪我に倒れ悪夢にうなされ、最後に美味しいところを持って行ったオジサマだったが、RE:3ではちゃんと会話シーンもある、なかなかのイケオジとなってた。しかも情報通www

 我らがジルさんは最初からサイドパック装備のお姿。外観はミニスカートからパンツルックに変更されており、これに我慢ならず暴徒と化した諸兄は数知れない。

 まぁその後DL版特典でミニスカゲットできると知って即沈静化したけどwww

 ジルとミハエルの会話は原作にはなかったシーン。

 アンブレラに関係する人間は徹頭徹尾信用していないジル。まぁそりゃあ当然だわな……バイオ7のDLコンテンツ「NOT A HERO」からも分かる通り、クリスもまたアンブレラと名の付くものは改心しようが生まれ変わろうが絶対に心を許さない。

 洋館事件やラクーンシティに関わった者達はジルやクリスに関わらず、全員がそうだろう……それだけアンブレラのしでかしたことはあまりにもデカ過ぎる。本社や創業者宅に核弾頭ぶち込まれても文句言えないレベル。

散りばめられた小ネタと圧倒的質感が織りなす、破滅直前のラクーンシティ

 多分RE:3本編では変更となるこの体験版限定なネタもあるだろうが、至る所にかなり高品質な小ネタが仕込まれてるのが良い味出してる。

 電車から出てすぐ、ホームに貼られているポスターにはRE:3発売予告。他にも映画のパロネタなど。

 階段で振り向くと、こんなところにもwww

 お ま え は www

 バイオ7以来、久々の復活となる 爆弾箱 アイテム木箱。ルー○スの野郎絡んでねぇだろうなwww

 良かった……中は普通のレッドハーブだった……

 RE:2でのラクーン君ポジションとある「チャーリー君」人形。ラクーン君が害獣扱いだったことから、コイツは犯罪者扱いか?

 ちなみにこの体験版内では全20体存在し、20体全てを破壊するとちょっとしたボーナスが付く仕様に(※プレイやゲーム内容には一切関係しない)。
 ただ普通にプレイしているだけでは見つけることが困難な配置の人形が3~4体あるので、初見プレイでこれ全部破壊できた人はエスパーあるいは神を名乗ってもいいんじゃないかと思う。

 チャーリー君人形のカウントは壊した瞬間にされるので、1回のプレイで破壊しなくてもOKだし、途中でゲームオーバーになってもきちんとカウントされるため、ゲームクリアと人形フルコンプは別で考えた方が楽。

 地下鉄改札付近に設置されている、時計のオブジェ。何となく謎解き要素っぽいが、残念ながらこの体験版ではそういう謎解き要素は一切無しなので、これは単なる背景……だが、これ原作のあの仕掛けに似てますよな……気のせい?

 改札から出ると、ゾンビとの初戦闘。ここは場所も広く、先に進まなければゾンビも1体しかいないので、操作方法の練習には最適。具体的には

 ここで緊急回避の練習を20回ほどしておくと幸せになれます。

 自分の場合はホントにただの回避練習に明け暮れていただけだったので全くの偶然だったが、後から攻略サイトなどを見るとチャーリー君人形の内の1体の出現条件が「緊急回避20回成功」ってのがあるため、ここでその条件をクリアしておけば人形集めにもなるし、この先に進むためのスキルも身につくためおすすめ。

 緊急回避は回避後に【L2(武器構え)】を押すと自動的に頭部(弱点)に照準を合わせ、通常時よりも若干早い連射で攻撃が可能になるため、防御だけでなく攻撃にも転用可能。ちなみにナイフの場合は回避後一足飛びで接近し、切り上げからの多段ヒット攻撃に派生する。

 M E G A M A N www

 コレこんな小さな子どもが笑顔でプレイできる難易度のゲームじゃねぇしwww

※MEGAMAN=ロックマンの海外版タイトル

 謎解きというほどでもないが、金庫解錠ネタがひとつ仕込まれており、番号を把握して金庫を開くとハンドガン用のダットサイトを入手可能。

 ハンドガンG19と組み合わせて使用。外観はどう見てもグロッ○なのに大人の理由で名称はG19。

 照準にモノホンのダットサイト同様に赤点が追加され、照準が収束するのが超早くなる。

 この体験版最大の目玉、追跡者との戦闘。

 RE:2にタイラントあれば、RE:3には追跡者「ネメシス」あり。体験版でありながらバイオ3の代名詞とも言える敵「追跡者」との戦闘も楽しめるとか、カプコンさん太っ腹やでぇ……っ!

 ちなみにRE:3の追跡者、原作の比じゃなくヤバくなってた。

 体験版だと素手で武器は未使用なのが救いだが、それでも真正面から戦るなら緊急回避のマスターは必須レベル。しかし何度かプレイしていればそれなりにパターンがあり隙を見出すこともできるので、是非RE:3本編までに対追跡者戦のスキルを上げておきたいところ。

 それにしても追跡者さん、お目々めっちゃつぶらですなwww

総評:約30分程度のボリュームだが、密度的には大満足。RE:3本編への期待はMAXに!

 ただクリアするだけなら30分もあれば十分だが、チャーリー君人形のコンプやタイムアタック、ナイフオンリーなどの縛りプレイなど体験版としてはかなりのやり込みが可能になっており、そのボリュームはRE:2体験版と比べれば雲泥の差、非常に満足のいくシロモノとなっていた。

 ちなみに初回クリア時はこんな感じ。まずは人形は基本無視で探索できる場所は全て探索し尽くした上でこの時間なので、慣れれば多分20分切りは余裕レベルっぽい。
 クリア条件が「追跡者打倒」ではなく「消火栓で火災を消して先(変電所)に進む」ことから、その機になれば10分切りも可能じゃないかと。

 取り敢えずRE:3本編までに少なくとも対追跡者戦に慣れておくつもりなので、まだもう少しやり込んでおこうかと。多分RE:3も原作同様追跡者倒してカスタムパーツゲットとかありそうなんで……

おまけ:個人的に見つけにくかった&見つけるの不可能だろwwwと思った人形達

 チャーリー君人形全20体の内、個人的に見つけにくいと感じた(運良く見つけられた)人形や、そもそもまともにプレイしている限りはまず見つからないありえない配置の人形を紹介しようかと。

1:地下鉄のホーム反対側

 スタート地点の電車内から本来のルートとなる逆側に進んだ先の階段近くから、反対側ホームに鎮座するチャーリー君人形。

 まぁまだこれは見つけやすい部類かもしれない。

2:金庫のある部屋を通過した先、2階扉前から見たドーナツ屋の屋根

 G19用ダットサイトが入った金庫のある部屋を通過して2階扉から外に出て、すぐ左を振り向いた先にあるドーナツ屋の屋根にチャーリー君人形あり。

 ここに至るルートは2種類あり、大通りからまずドーナツ屋に入らずに右横にある裏路地に続く階段を上がって行った場合、上記で紹介した通り金庫のある部屋を通過して2階扉に出ることになる。
 もうひとつのルートは、大通りからそのままドーナツ屋に入り、ドーナツ屋を抜けて鉄道会社のある路地に至り、そこから2階扉を抜けて金庫のある部屋へ入るルート。つまり上記の逆。

 ここの人形自体は「人形を探す」と意識してプレイしていれば比較的見つけやすいが、見つけやすいこいつのおかげでもうひとつのすぐ近くにある人形を見落としてしまう罠に陥りやすいので、ここで紹介した。

3:金庫のある部屋を通過した先、2階扉前すぐ上にある鉄骨の上

 上記ドーナツ屋の屋根にある人形のおかげで発見難易度が上がっている、鉄骨上のチャーリー君人形。

 ドーナツ屋屋根の人形を発見できる場所と同じ場所から視点を変えるだけで発見できるが、これまでの人形発見のパターンから「人形を発見した近くに他の人形は存在しない」というバイアスが働いて発見難易度が上がっている例。そのためこいつを先に見つけた場合、ドーナツ屋の屋根の人形にも同様のことが起こり得る……かも。

4:ドーナツ屋正面の屋根の上

 まず最初に言っておく。

 分かるかこんなもん!

 このチャーリー君人形が最悪なのは、最初は存在していないという点。

 こいつはおもちゃ屋にあるチャーリー君人形のポスターに一撃入れてからでないと出現しないという、まともにプレイしていては絶対に見つけることができない部類のヤツ。

 自分は最後の最後までコイツだけは自力で見つけられず、攻略サイトを見て始めてその存在と手順を知った……というかコレ最初に見つけた人は一体何考えてプレイしてたんだ……

5:薬局内、奥にいるテーブル上のゾンビの下

 こいつもまともにプレイしていると発見はかなり困難。

 何せ出現条件が「消火栓にホースを繋ぐ」⇒「おもちゃ屋奥の自動車バリケードの奥に出現したゾンビを倒す」⇒「薬局に戻ると奥の机の上の死体がゾンビになって動いたのでその下から出現」という、滅茶苦茶分かりにくいかつ回り道を強いられる。

 ただコイツはドーナツや正面屋根の人形とは異なり、「消火ホース接続後も探索を続けられる」ことに気付けば自力で発見できる可能性がまだあるのが救い。

 これらの他にも「緊急回避を20回成功後、ドーナツ屋裏手側のパトカー内より現れるゾンビを撃破」や「マグナムの弾調合後、ミハエルと会話したらある場所に出現」、「追跡者が数回ダウン後におもちゃ屋近くのパトカー内より出現するゾンビを撃破」など、普通にクリアを目指すだけでは発見困難なチャーリー君人形は複数ある。
 しかしこれらはまだ「緊急回避の練習をしてたら気付かずゲット」「追跡者で遊んでたら知らず知らずのうちにゲット」「マグナムがあると信じて先に弾丸を調合後、ひたすらマグナムを探しまくってたらゲット」という偶然から発見することが可能なものばかりなので、上記で紹介した人形よりかは遙かにマシだったりする。

 実際これらは自分の場合も全くの偶然でゲットできたもので、後から攻略サイトで実は発見が面倒という事実を知ったものばかりだった。
 こいつらを自力で見つけただけでなく、その出現方法まで調べ上げるとか、一体どれだけ 暇だった 労力を費やしたのか……

Sponsored Link
ブログランキング・にほんブログ村へ
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です