物欲の赴くままに欲しがって購入して使ってレビューの、自由気ままな欲望全開ブログ

20年ぶりにハサミを新調してみた

投稿日2019年3月3日

 大学生、あるいはそれ以前から愛用していたハサミの柄が経年劣化で割れてしまった。

 愛用していたのはプラスのごく普通の事務鋏。少々小振りなため持ちにくかった以外には切れ味が劣化することもなく使い勝手は良かったのだが、肝心の持ち手の部分がこうなってしまったらもはやどうしようもない……

 一応アロンアルファなどで修復を試みるも、切断時に強い負荷がかかる部分のためやはりうまくいかず、それなりに愛着のある一本ではあったがやむを得ず20数年ぶりに新たなハサミを新調することに。

 ……で、ハサミを新調するにあたって色々と調べてみると、何か最近は材質やら形状やらで昔に比べてもの凄く様々な種類があるのにちょっと驚愕。
 正直どれが最適解なチョイスなのか分からなかったため、お値段、性能ともにバランス良く手頃そうなのを取りあえず複数個見繕って購入することに。

超コスパな高性能事務用鋏「長谷川刃物 事務用 先細 フッ素コート EP-175F」

 まずは事務用鋏としては非常に有名かつ、Amazonなどでもトップクラスの評価を誇る、長谷川刃物の「EP-175F」。

 見た目はごくごく普通の昔ながらの地味な事務鋏だが、ステンレス刃物鋼のブレード部分にはフッ素コートが施されており、テープや糊などの粘着物が付着した段ボールなどを切断しても全くベト付くことなくサクサクと切ることができる。

 フッ素コートのブレード部分表面はザラ付いている。

 刃部分から持ち手まで昔ながらの左右対称の造りなので、持ち方を選ばず必要な時にさっと使えるのも普段使い前提な事務鋏としては優秀な機能のひとつ。

 また廃棄の際には樹脂部分とブレード部分を分離できるようになっているなど、リサイクルに対する配慮までしっかりなされている。

長谷川刃物
サイズ:175mm×8mm×68mm
パッケージサイズ:230mm×10mm×75mm
刃渡り:73mm 重量:45g
詳細情報:【Amazon】【長谷川刃物公式

 事務鋏としての性能は十二分、細かな気配りも万全に配されていながら 価格は実売400円程度 という超絶なコスパ。取りあえず鋏で何を買えばいいのか迷ったら、これを選んでおけば間違いないと言える一品。

 またこの事務鋏のように「CANARY」ブランドの鋏は万が一切れ味が落ちた場合、メーカーに連絡すれば研ぎ直ししてもらえるというサービスがあるが、手間や運送費などを考えるとはっきり言って買い直した方がダントツでコスパが良い(笑)

フィットカットカーブ刃が特徴的な「PLUS プレミアムチタン プレミアムブルー」

 続いては文具・事務用品の総合メーカーのPLUS(プラス)が販売する、「フィットカットカーブ プレミアムチタン 左右非対称 プレミアムブルー 34-553」。

 テープなどをカットしてもベト付かない3D設計のチタンコーティングブレードが鮮やかで目に付くが、

 その最大の特徴は刃のどの部分で切断しても常に30°の角度をキープして、対象物をしっかりとキープしつつ軽く切断可能な「ベルヌーイカーブ刃」。
 この手の特殊形状ブレードは初めて使用するためどんなものかと思いつつ使用してみたが、なるほど確かに刃のどの部分で、どんなものを切断しても一定の切れ味と軽さを保ちやすい。

 切れ味を50万回以上保証するというチタンコーティングも一役買っていると思うが、そこそこ厚みのあるものでもザクザクと爽快に切っていける。

 持ち手及びブレードは左右非対称で、持った際に小指を引っかけておけるフィンガーレスト付き。

 収納用の鞘も付属することから、見た目の高級感・特別感は抜群。

 プレミア感抜群のフィットカットカーブだが、価格は実売約600円程度とほぼワンコインとこちらもコスパ良し。鋏の性能的にはベルヌーイカーブ刃と言えど長谷川刃物の直線刃の事務鋏と大差ある訳ではないので、コスパ最重視なら長谷川刃物の事務鋏、見た目も大事ならPLUSのフィットカットカーブという感じで選べばOKかと。

携帯用ハサミで人気の「PLUS フィットカットカーブ ツイッギー」

 メインで使用するハサミは上記で紹介した長谷川刃物の事務鋏とPLUSのフィットカットカーブだが、今回はついでに携帯タイプのハサミにも手を出してみることに。

 購入したのはフィットカットカーブ同様、PLUSの「ツイッギー」。非常にコンパクトかつ軽量ながら、ベルヌーイカーブ刃を採用して実用性を持たせている。

 携帯タイプのため当然ながら切断能力的には普通サイズのハサミには劣るので用途には制限があるが、普通の事務作業程度には十分に使える切断能力がある。

 試しにツイッギーのパッケージをザクザク切ってみたが、想像以上に軽くサクッと切れた。無駄な抵抗や引っかかりが一切なかったのは、ベルヌーイカーブ刃の恩恵か。

 収納時はスティック状になるため、筆箱にも忍ばせやすく、持ち運びも容易。またキャップを被せると自動的に刃がロックさせる機構が搭載されているため、不意にキャップが外れても刃が広がらない安心設計になっているのも高ポイント。

PLUS(プラス)
サイズ:135mm 刃渡り:42mm
詳細情報:【Amazon】【PLUS公式

 常用することは少ないかもだが、普段から持ち物の中に忍ばせておけば万が一の際に活躍できるだけのスペックは十分にある。実売価格も400円程度なので、買って損はないかと。

Sponsored Link
ブログランキング・にほんブログ村へ
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です