物欲の赴くままに欲しがって購入して使ってレビューの、自由気ままな欲望全開ブログ

【MGSⅤ】1 年ぶりのアップデート配信でクワイエットが追加されたので使ってみた

投稿日2018年7月28日

 公式からのアップデート配信も途絶え、プレイしなくなって久しかったメタルギアソリッド 5。しかしながらこの度約 1 年ぶりとなるアップデート配信があった。
 アップデートとは言っても内容がオンライン開発アイテムの追加程度じゃ正直やる気はなかったが、何と FOB 用としてクワイエットが選択可能になったとのことなので、少し試して見ることに。

 ……て言うか例の小島監督の騒動以後、メタルギアサヴァイブも大コケしたことだし、もう完全に放置だと思ってたのにねぇメタルギア……

それでは早速 FOB ……と思ったら、まだ復帰していなかったクワイエット

 既にやる気が失せて 1 年は経過していたので、すっかりと忘れていたクワイエットの復帰。Episode:11「[REPLAY] 静かなる暗殺者」を 7 回連続でクリアすると復帰するというアレだが、面倒だったのでずっと放置していたのを今回のアップデートでようやく思い出した。

 だってクワイエット使う機会あんまりなかったしね……バディならフルトン装備付けた DD が超優秀だったし。でもこれでようやくクワイエットを復帰させる意味と価値が出てきたというわけで、

 早速 Episode:11「[REPLAY] 静かなる暗殺者」を 7 連続プレイ。1 年ぶりのプレイだったが攻略のコツは覚えていたので、セオリー通り開始地点から一歩も動かずに撃破。

 初プレイ時、この攻略方法を確立するまではかなり苦労してたのよね……他にもマーキング → 荷物落下での気絶狙いや戦車砲撃のゴリ押しもあるが、個人的にはこれが一番楽だった。

 クワイエット復帰にはこの場面で殺さずに、マザーベースへ連れ帰ることが条件。これを 7 回連続で行えば OK。つまり戦闘では殺傷武器を使用してライフゼロにしても問題ないし、途中でクワイエットに倒されてコンテニューしても大丈夫。

 7 回連続ミッションを達成すると、ミッションタイトルの [REPLAY] が [再開] に変化するので、今度はこのEpisode:11「[再開] 静かなる暗殺者」を受注し、再びクワイエットを殺さずにベースに連れ帰る。

 ☆7 の AM MRS-73 NL(麻酔)でのヘッドショットで約 4 発。面倒なら素直に BRENNAN か MOLOTOK-68 担いで頭蓋吹っ飛ばす勢いで行った方が早い……

 [再開] をクリすると晴れてクワイエットが復帰し、ミッションタイトルも [再開] から [REPLAY] に戻る。これでようやく FOB でクワイエット使える……

クワイエット in FOB、その性能は

 念願の FOB 使用キャラ入りを果たしたクワイエットさん。

 本編ではスカルズの一員と言うことで非常に人外なポテンシャルを持ったスナイパーだったが、果たしてその能力は FOB にてどのように発揮されるのか、簡単にチェックしていくことに。

基本的な能力値はそんなに高くない

 まずは気になるクワイエットの能力値だが、

 正直見栄えする部分は特になし。戦闘と諜報に関しては A++ あるのでボスと同等だが、それ以外はどうにもパッとしない。とは言え実際の FOB プレイの操作感に直結する部分については実際使用してみないと分からないので何とも言えないが。

クワイエットの本領であるスナイパーライフルでの狙撃能力は極めて高い

 クワイエットと言えば狙撃。狙撃と言えばクワイエット。と言うわけで、

 実際にスコープ覗いて狙ってみる。ちなみに姿勢は立ち・しゃがみ・匍匐全部で試してみた。

 噂通り、クワイエットはスナイパーライフル使用時に限り、ブレが極限まで抑えられていた。全くブレないわけではないが、ほとんど気にならない程度。どの姿勢でも安定した狙撃が可能なので、ひとつあるいはふたつ前のベースからの狙撃で敵を排除してからの攻略、というのが楽に行えるように。

 まぁそんなゴリ押し戦法、効果あるのは近距離~中距離防衛の FOB に対してだけだけどね……

ダッシュ性能は雷電を越える最高速度を保持。加えて特殊ダッシュも。

 劇中でも瞬間移動じみた移動速度を見せていたクワイエットだが、FOB でもあそこまでぶっ飛んではいないがかなりの高速移動を行うことが出来る。
 通常ダッシュ速度ではこれまで FOB 最速だった雷電スーツでのダッシュ速度を越えており、しかもダッシュ状態から L3 を押し込むことで劇中で見せていたあの「特殊ダッシュ」というか「瞬間移動ダッシュ」のようなこともできる。

 特殊ダッシュと言えどもその速度はさすがに劇中ほどではなく、雷電ダッシュのような撥ね飛ばし効果もないが、タイムアタックで FOB 間を駆け抜ける際には極めて有効となる。
 さらにクワイエットは梯子を一瞬で登ることができ、また下りる際は高所からも特にリスク無く飛び降りることができるので、これまでにないプレイスタイルを可能としている。

 まあそれらを FOB の効率的な攻略にどう活かすかはまた別の話だが……

まさかの生身ステルス機能搭載

 クワイエットはその場で静止していると不可視化、すなわちステルス機能が発動するという、非常にスカルズっぽい能力を有している。

 じっとしていると……

 ステルス機能発動。ちなみにその場から一歩も動かなければステルス状態は解除されないので、体勢変更や装備の持ち替えなどは可能。
 ただこの状態も万能ではなく、かなり近くまで近寄られたらさすがに見破られるし、発見状態ではそもそも無効化されるので、油断は禁物。真っ当に FOB 攻略していると正直あんまり使う機会ない……

バグか仕様か、暗視ゴーグルの視界が極めて不良

 クワイエットの操作で気になったのは、暗視ゴーグルに何らかの影が入り、極めて視界不良となっている点。

 通常時は何ともないが、

 主観視点にすると、このように視界の半分が何かの影に防がれてしまう。

 よくよく確認するとクワイエットの髪でもないし、装備品がかかっている訳でもない。ならばこれはやはり何かのバグだろうか……ともあれ仕様でないなら、早く解消してほしいところ。

総評:クワイエット参戦は嬉しいが、これが MGSを続ける理由になるかと言えば……

 正直今回のアップデートはクワイエットの FOB 参戦に最大の意味と価値があったが、逆に言えばそれだけしかない。FOB 攻略にクワイエットが不要、あるいはそもそも FOB 攻略自体に興味が無いユーザーには何の魅力もないはず。

 ゆえに 1 年ぶりにアップデートが配信されたことには素直に嬉しいものの、しかしそれがこれからも MGSⅤをプレイし続ける理由になるかと言えば答えはやはり No と言わざるを得ない。
 MGSⅤ本編の方が完全に完成された状態で完結しており、メタルギア次回作についても小島監督主導の下開発される見込みがあったのなら、惰性であってもまだ続けようという気力も起きただろうが……

 無茶とは思うが、せめてアップデートで、

  • FOB の人員配置やトラップ配置の自由度をほぼ完全に自由にメイキング可能化
  • FOB ベースを自由に繋ぎ合わせて完全にオリジナルの FOB を構築可能にする
  • 侵入者 VS 防衛者の時間無制限、完全タイマン非殺傷捕縛のみの真・隠れんぼ対決

 ここまでしてくれれば後 1 年は余裕でやり続けるんだけどね……無理か。

 ただ最近購入してプレイ中の人や未だにプレイし続けている猛者など FOB にはまだまだ人がいるようで、試しにクワイエットで FOB 潜入したら防衛者が乱入して迎撃されることもしばしば。

 そう考えると、色々問題起こしつつもまだまだ人気あるんだなメタルギア……

Sponsored Link
ブログランキング・にほんブログ村へ
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です